500円 Planet Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL 家電&カメラ 無線・トランシーバー 無線機アクセサリ ヘッドセット・イヤホンマイク アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用,IC-4100,PL-EM01AL,イヤホンマイク,IC-4110,500円,www.livres-a-lire.com,Planet,HM-177L互換品,家電&カメラ , 無線・トランシーバー , 無線機アクセサリ , ヘッドセット・イヤホンマイク,IC-4188D対応,/022-231-6822/,Exa 人気デザイナー Planet Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL 500円 Planet Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL 家電&カメラ 無線・トランシーバー 無線機アクセサリ ヘッドセット・イヤホンマイク 人気デザイナー Planet Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用,IC-4100,PL-EM01AL,イヤホンマイク,IC-4110,500円,www.livres-a-lire.com,Planet,HM-177L互換品,家電&カメラ , 無線・トランシーバー , 無線機アクセサリ , ヘッドセット・イヤホンマイク,IC-4188D対応,/022-231-6822/,Exa

人気デザイナー Planet 【NEW限定品】 Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL

Planet Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL

500円

Planet Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL

商品の説明

"span"アイコム2ピンL形プラグ用イヤホンマイク プラネット PL-EM01ALは、基本性能を重視しコストパフォーマンスを追求した良質な互換イヤホンマイクです。 基本性能の重視 - 従来、安価な互換イヤホンマイクには粗悪品のイメージが強く、十分な基本性能を満たさない商品も存在しました。プラネット PL-EM01ALは、最も重要な話す・聞くの基本性能を重視し、現場やフィールドでストレスなくご使用頂けるイヤホンマイクを目指し開発いたしました。 低価格の実現 - プラネット PL-EM01ALはネット限定販売とすることで、簡易パッケージ化・広告宣伝費の削減・過剰な中間マージンの排除を実現。コストの掛かるイヤホンマイクをお求めやすい価格でご提供致します。 コストパフォーマンスの追求 - イヤホンマイク故障原因の多くはイヤホンケーブルの断線です。プラネット PL-EM01ALは本体側約2.5mm、イヤホン側約1.8mmのケーブルを採用。取り回しの容易さと、断線リスクを抑えるバランスの取れた設計となっており、低価格で壊れにくくコストパフォーマンスの高いイヤホンマイクを目指しました。 ※イヤホンマイクは消耗品です、ご使用の環境や取り扱いにより寿命は大きく異なります ケーブル長:本体側 約79cm、イヤホン側 約55cm ※イヤホン・マイク部は防水構造ではありません ※VOX、同時通話には対応しておりません

Planet Exa アイコムL形2ピンプラグトランシーバー用 イヤホンマイク IC-4110 IC-4100 IC-4188D対応 HM-177L互換品 PL-EM01AL

導入実績(2021年11月30日)
国内:2,363
海外:918
  • Asprovaによる「計画作成効率化」

    計画立案がスピードアップし、迅速かつ
    正確な納期回答により機会損失を減らせます。

  • Asprovaによる「見える化」

    将来の設備負荷状況を把握できるため、シフト変更や外注等、早めの対応が可能になります。

  • Asprovaによる「在庫削減」

    生産計画の精度を高めることで、
    資源を最大限に活用できるようになります。

  • Asprovaによる「工程情報の共有化」

    工程情報を全社的に共有することで、トラブルが発生した際にも柔軟に対応できます。

アスプローバへのお問合せ